アコムVSじぶん銀行カードローン

銀行カードローンのメリットデメリット、消費者金融のメリットデメリットは分かり切ってはいますが、とりあえずアコムとじぶん銀行で比べてみたいと思います。

 

何故じぶん銀行なのか?といえばこれといった理由はありません。とりあえずなんとなくじぶん銀行を選んだだけで。

 

じぶん銀行は携帯電話会社のKDDIと三菱UFJ銀行とによってつくられたネット銀行です。なので、auのユーザーにはメリットとなることがいくつかあるようです。

 

カードローンで言えばauユーザーは最大年0.5%金利が優遇されるようです。金利はなるべく低いに越したことがないので、0.5%優遇されるだけでもありがたいですよね。

 

で、まずアコムとじぶん銀行カードローンの上限金利を見てみたいと思います。

 

アコムの上限金利 じぶん銀行カードローンの上限金利
17.8% 18.0%

 

となっています。ここの上限金利が銀行カードローンと消費者金融だとここの差が大きいことが多いのですが、意外とじぶん銀行に関しては上限金利は消費者金融であるアコムとあまり変わりませんね。

 

審査によって少額の融資枠となってしまった場合は、上限金利に近い金利が適用されるのですが、この上限金利に関してはほとんどアコムとじぶん銀行は差がないですね。

 

上限金利はやはり重要だと思いますのでしっかり確認しておきましょう!

 

ですので、あまり示唆に自信がないというか他社借り入れなどもあって、少額の融資枠になるのかな?と思われる方は、アコムを選んでもじぶん銀行を選んでもあまり変わらなさそうですね。

 

アコムの下限金利 じぶん銀行カードローンの下限金利
3.0% 2.2%

 

下限金利も意外なことにそんなにあまり変わりがなかったです。0.8%ほどじぶん銀行のほうが低いですが、思ってたよりもそんなに大きな開きはなかったですね。

 

消費者金融のアコム結構頑張ってますね!

 

下限金利を比較する際には最高融資額も見ておかないといけないです。最高融資額が変わってくると、ちょっと一概に比較しづらいので。

 

で、最高融資額を見てみるとアコムもじぶん銀行も同じく800万円でした。ちょうど比較しやすくて良かったです。

 

なので、上限金利も下限金利もそんなに大きくは変わらないけど、やはり銀行であるじぶん銀行カードローンのほうが勝利ということになりますね。

 

銀行が消費者金融に金利で負けてしまったらどうしようもないですが・・・。

 

融資までのスピード

融資までのスピードに関してはさすがに消費者金融であるアコムにじぶん銀行がかなう訳はないと思いますが、とりあえず調べてみました。

 

アコムの借入までの最短期間 じぶん銀行カードローンの借入までの最短期間
当日中 2〜3日

 

意外とじぶん銀行カードローンもそんなに遅くはないようです。あくまで最短になりますが。

 

何故じぶん銀行が割と早いかというと、審査が通って契約ができれば、じぶん銀行円普通預金口座を持っている方は、契約完了後に振込での借り入れが可能だからです。

 

なので、結構早いということです。

 

ATMでの借り入れとかとなると、契約が成立してから1週間程度で届けてくれます。

 

なので、申し込みしてからで考えると2週間程度見ておくのがいいんじゃないかなと思います。

 

アコムはすごくスピーディで申し込みしたその日のうちに融資が可能となっています。銀行営業日の14時までに審査が完了して必要書類の送付が完了すればその日のうちに銀行口座に振り込みしてくれます。

 

土日や祝日でもネット申し込みしてから自動契約機に行けばすぐにカード発行してもらえて借入することができるのです。

 

やっぱり消費者金融のアコムは早いですので、急いでいる時にはぜひ利用したい消費者金融ですね。

 

今回はアコムとじぶん銀行カードローンを比較してみましたが、金利もそんなに大きく変わらないので、どちらを利用しても問題ないかなという気がしますね。アコムのほうがスピーディさが圧倒的なので、急いでお金が必要な方は間違いなくアコムです。

 

≫アコムの申し込みはこちら