プロミスVS三菱UFJ銀行カードローン

消費者金融のプロミスですが銀行カードローンと比較してみたいと思います。

 

もちろん銀行カードローンでの借り入れのほうが金利が低く借りれるのでメリットはあると思いますが、そもそも銀行カードローンと消費者金融のプロミスだとどれくらいの金利差があるのでしょうか?

 

銀行カードローンといっても銀行があるだけあるわけで、いくらでもあるので業界大手の三菱UFJ銀行カードローンと比べてみたいと思います。

 

プロミスの上限金利 三菱UFJ銀行カードローンの上限金利
17.8% 14.6%

 

このようになっています。上限金利というのはかなり大事なポイントです。

 

最初の審査によって融資限度額が決められるのですが、この融資限度額が多ければ多いほど下限金利に近い金利が適用され、融資限度額が小さければ小さいほど上限金利に近い金利が適用されるようになります。

 

年収とかにもよると思いますし、他社借り入れ件数や金額によると思いますが、最初からあまり大きな融資限度額にはならないことがほとんどかなと。もちろん審査によってかなり大きな融資枠になる可能性もあると思いますが。

 

なので、上限金利に近い金利が適用されることが多いと思うので、上限金利をチェックしておくのは非常に大事なことですね。

 

プロミスと三菱UFJ銀行カードローンだと上記のような上限金利になっていて、3.2%ほどの金利差になっています。

 

この金利差を見る限り三菱UFJ銀行カードローンにどうしても勝敗が上がってしまいますね。

 

銀行カードローンで気を付けないといけないのが、金利が低いと言われている銀行なのに、この上限金利が消費者金融と変わらないところが結構あるので気を付けてください。

 

次に下限金利を見てみましょう。

 

プロミスの下限金利 三菱UFJ銀行カードローンの下限金利
4.5% 1.8%

 

こちらも2.7%の金利差で三菱UFJ銀行カードローンのほうが低金利になっています。

 

この下限金利を見る時に注意しておかないといけないのが最高融資枠ですね。下限金利が低くても最高融資枠が大きければ、その大きい融資枠に近づかないと、その下限金利ぐらいは適用されないので。

 

今回のプロミスと三菱UFJ銀行カードローンの場合最高融資額はどちらも同じ500万円となっています。

 

なので、やはり三菱UFJ銀行カードローンの金利は低いといえるでしょうね。

 

融資までのスピード

融資までのスピードに関しては圧倒的に消費者金融であるプロミスに勝敗が上がると思いますが、とりあえず三菱UFJ銀行カードローンの場合と比べてみましょう。

 

プロミスの借入までの最短期間 三菱UFJ銀行カードローンの借入までの最短期間
当日中 2〜3日

 

意外と三菱UFJ銀行カードローンが早いというのにもびっくりかもですね( ゚Д゚)

 

多くの銀行カードローンの場合、ローンカードが送られてくるまでに2週間程度の時間がかかるのですが、三菱UFJ銀行カードローンは借入までに最短で2〜3日ぐらいなのです。

 

何故かというと、三菱UFJ銀行のテレビ窓口でカードの受け取りが可能だからです。

 

平日15時以降であったり土日・祝日でも運転免許証を持参するとその場でカード受取可能となっています。

 

ただ、発行されたカードが発行日の翌営業日以降に、審査の結果により利用する事になります。

 

なので、カードを受け取れたからと言って、すぐにそのカードを使って借入できるというわけではないのです。

 

なので、審査によっては2〜3日以上かかることも普通に考えられます。

 

郵送でのカードの受け取りに関しては、審査・契約後に約1週間程度で自宅へ届きます。

 

審査が終わってからなので、審査自体に数日間かかるので、トータルで2週間程度はやはり見ておいたほうが良さそうですね。

 

その点プロミスはスピードはかなり速いです。最短でその日のうちに融資してもらうことができますからね。

 

銀行営業時間内の14時ぐらいまでに審査が完了して必要書類の送付も完了すれば、その日のうちに自分のいつも使っている銀行口座に振り込んでもらえます。

 

また、銀行営業時間外であったり土日祝日の場合もネット申し込みしてから自動契約機にカードを取りに行けば、そのカードを使ってすぐに借り入れすることができるのです。

 

なので、土日祝日や銀行営業時間外でも即日融資可能ということですね。

 

自動契約機は場所にもよりますが多くの場合で22時まで開いているので、遅くに必要になったときでも大丈夫なのです。

 

やはり、融資までのスピードを考えると、三菱UFJ銀行カードローンよりもプロミスのほうが圧倒的に早いですね!

 

≫プロミスの申し込みはこちら